Vintage Sozaiをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は【ロゴ作成初心者オススメ!ロゴ制作時のポイント1】に引き続き、第二弾です。

制作時の注意点やテクニックなどを紹介していきます。

 


 

制作時に注意することは?

 

ロゴの種類もわかったし、さぁ作り出そう!と始める前に、ロゴを作る上で最低限まとめておくべき

ポイントを考えます。

 

制作前にどんなものを作るかある程度固めておくことで、後々多少の変更などがあった場合でもブレることなく

要点を抑えたものに仕上がります。

 

色々と考えておくべき事はあると思いますが、とりあえず

・色の選定

・形の選定

・ストーリー

・使用用途

 

上記は考えて制作したほうが考える時も依頼するときもスムーズに進めることが可能です。

 

それではまず色の選定から考えていきましょう。

 


色の選定

 

ロゴを作る際に色を考えることはとても重要です。

色でロゴから与える印象もかなり変わりますし、イメージも左右します。

 

どんな色を選ぶかは依頼者次第ですが、安易に好きな色だから!という理由だけで選ぶのではなく、その色が相手へ与えるイメージや、

会社のアイデンティティに沿ったものを選定することが大切です。

 

下記に色の種類とそのイメージをまとめましたので、参考にしてみてください。

情熱、力、暖かい、血、生、火、女、熱暑、革命、攻撃、太陽
冷静、クール、知性、未来、水、スポーティ、爽やか、清らか、開放感、空、地球
植物、自然、エコ、環境、安全、平和、新鮮、大地
活発、陽気、明快、元気、太陽、金、注意、エネルギー、子供
オレンジ 温暖、快活、陽気、幸福、夕日、太陽
高貴、優雅、神秘、謎、金、神、宝、光、生、神秘
土、豊穣、大地、灰、冷静、雲、沈静
清潔、純粋、雪、無、無罪、無知、賛成
男、武勇、一途、プロフェッショナル、職人基質、ガンコ、髪、夜

 

 

1色で制作するのか、複数色でいくのか、グラデーションを多用するのか、など、組み合わせによってもイメージはがらっと変わってしまいます。

自分の理想的なロゴには何色必要であるかを考えて選定しましょう。

あまり複数色を組み合わせすぎるうるさくて散らかった印象を与えてしまいますし、逆に単色だとすっきりとして逆にものたりない印象になるかもしれませんので、最適な組み合わせを探してみましょう。

 

また、使用用途の項目に関わってくることですが、ロゴは常に同じ色で使用するとは限りません。

モノクロ印刷の書類やチラシなどで使用することもありますので、白と黒、中間色のグレーで表現できる配色にすることも後々を考えると必要かと思います。

 

 

風呂敷を広げすぎるとキリがないので、とりあえず参考になるサイトをまとめましたので、興味のある方はこちらもチェックしておくとより洗練されたものになると思います。

 


12色の意味と心理に与えるイメージまとめ!配色のコツも教えます

http://handywebdesign.net/2012/07/12colors-give-you-the-impression/

 

配色パターン見本40選:ベストな色の組み合わせを探せるツール

https://saruwakakun.com/design/gallery/palette

 

知らないと損する!?色の相性についての考え方と組み合わせの方法

http://www.mikinote.com/entry/iro-aishou


 

 

 

次回は形の選定について考えてみます。

 

関連記事

【ロゴ作成初心者オススメ!ロゴ制作時のポイント1】
【ロゴ作成初心者オススメ!ロゴ制作時のポイント3】